Factoring

ファクタリングと手形割引の違い

会議

ファクタリングは、手形割引と同じようにすぐに資金調達を行える方法となりますが、ファクタリング会社に売掛金を買い取ってもらうことによって即日で現金が手に入るようになります。
けれども、手形割引との違いとして手形割引は、約束手形を支払い期限になる前に金融機関で換金する方法となります。
そのため、銀行機関が手数料や利息を差し引いた金額を貸す形になるので、約束手形を発行した企業がお金を支払うことはありません。
ファクタリングは債権買取となるので、手形割引と異なり売掛先が未支払いになっても保証する義務はないため、ファクタリング会社が損失を背負う形になります。
けれども、手形割引の場合は融資契約となるので、約束手形を発行する企業が破綻すると銀行が現金を回収できなくなるので、ファクタリングと違って返金する必要があります。
また、ファクタリングと手形割引は審査にも違いがあり、ファクタリングの審査は売掛先との信用性を重視するので確実に回収できる売掛金かどうかを重視します。
一方、手形割引は保証能力が重視されるため、債務超過だと審査に通らなくなります。
なので、現金が必要な場合は手形割引よりもファクタリングを利用することで、売掛先との信用性が高ければファクタリングで売掛金を即座に現金に換えることができます。