Factoring

企業がファクタリングをして資金調達をする2つのメリット

ガッツポーズ

ファクタリングは売掛金を業者が買い取るサービスで企業の資金調達の方法として少しずつ浸透してきています。それで資金繰りに苦労している企業がファクタリングをする事も増えてきています。手数料が高くなってしまうのでデメリットに感じてしまう企業も少なからずありますが、実際にファクタリングをして資金調達をするとメリットに感じる事もあります。そこでファクタリングをして資金調達をするとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

【早く資金調達する事が出来る】
今まで企業が資金調達をする時は銀行から融資を受ける方法が定番となっていましたが、審査でいろいろな書類を提出したり経営面などを調べられるので手間がかかってしまいます。それで資金調達する事が出来るのも遅くなってしまいます。しかしファクタリングをする時は売掛金があれば柔軟な審査をしてくれるのですぐに資金調達をする事が出来ます。
【信用情報に影響しない】
企業が資金調達をする時に銀行から融資を受けると信用情報に履歴が残ってしまいます。それで対外信用力に影響を与えてしまう可能性もあります。しかしファクタリングは売掛金を現金に換える方法なので信用情報に履歴が残る事はありません。それで対外信用力に影響を与える事もなくなります。