Factoring

銀行融資の審査より審査に通りやすいファクタリング

女性

ファクタリングの審査は、償還請求権の有無に左右されますが、銀行融資の審査の場合は必ず決算時や他者からの借り入れ状況の審査が行われます。
そのため、銀行はファクタリングより審査が厳しいですが、ファクタリングよりも低い手数料で利用できることが多いです。
また、ファクタリングの審査で償還請求権有りの取り引きの審査だと、売掛金が担保となる譲渡担保融資になります。
なので、ビジネスローンの融資を受ける時と同じように審査が存在するので、売掛先の与信力も審査対象となります。
けれども、ファクタリングの審査で償還請求権無しで取り引きを行って売掛金を買い取ってもらう場合は、ファクタリングの利用者に対する審査は行われません。
なぜなら、償還請求権無しの審査だと利用者でなく売掛先に対して審査が行われるので、自社の審査がないからです。
ちなみに、銀行に融資を申し込んでも審査に時間が掛かりますが、ファクタリングであれば審査に時間が掛からない上に審査に通りやすいです。
そのため、ファクタリングを利用することで売掛金を即座に現金化できますが、売掛先の信用度が低いとファクタリングの審査に落ちやすくなります。
現金が必要な状況であれば、銀行融資よりも審査に通りやすいファクタリングを選ぶことで、売掛金を即日で現金に換えることが可能になります。